おしごと「花をいける」

エンジェルでは、お天気の良い日はお散歩に出かけます。
冬の冷たい風が、いつしか春の温かい風に移り、
散歩コースの道にお花がさくようになったのを見て、
季節の移り変わりを子どもたちも感じています。
今日は、道にさいていたかわいいお花(雑草ですが・・・)を
みんなで摘んでエンジェルに戻りました。

おしごと「花をいける」は、この日のためにあるおしごとです。
自分の好きな小さなビンを選び、お花を選び、いけてみました。
0歳児クラスの子、1歳児クラスの子、どの子も自分で好きなビンを選び
いけたいお花を選びます。

CIMG3982-w1200
CIMG3984-w1200

「かわいいね」「素敵だね」「きれいだね」と
いろいろな言葉が出てきました。
お部屋に飾ると、みんなニコニコのお顔になりました。
CIMG3987-w1200

自分たちで今の環境をよりよくしていくのも、おしごとの目的の一つです。
実生活に結びついたモンテッソーリ教育のおしごとは
小さい人たちでも「自分でできる」ことが増えていき「できた」という
自己肯定感へとつながっていくのですね。

お花の後ろにいるエンジェルの金魚「とっとさん」も「きれい!春ですね」って言ってるね!

Comments are closed.