音とリズム

週に一回、専任の音楽リズム担当保育者による
「音とリズム」の時間があります。
文字通り、音とリズムを楽しむ時間です。

ピアノの音を聞いて体を動かす
リズムにのる
打楽器を打つ
生演奏を聴く
イメージを持って体を動かす
など、0歳から2歳の人たちが楽しめるよう、
独自のプログラムを用意しています。
子どもたちも、とっても楽しんでいます。

ピアノの音を聞いて動く・止まるなど
聴くことに集中しながら、自分の体をコントロールするという
聴覚を刺激し、音を体感する時間です。

エンジェルでは、異年齢の子たちが一緒に行っています。
音やリズムを通して、0歳児、1歳児、2歳児の発達の様子がわかります。

0歳児は、まだ歩けないので、床に座ったり立ち膝になったりして
とにかくピアノに合わせて体ごとリズムを打ちます。

1歳児は、歩くことができるので、ピアノに合わせて歩き、動きます。
動きもリズムに合っています。ただ、ピアノが止まっても
stopすることができず、そのまま動き続けます。
体ごと音とリズムに浸っているように見えます。

2歳児は、耳を澄ませてよくピアノの音を聞き、動と静 の
コントロールができます。
動くことも楽しみ、止まることも楽しんでいるように見えます。
音とリズムが自分の体と一体になっているようです。
CIMG3719-w1200
CIMG3716-w1200
こんな様子を見ていると、子どもたちのリズム感は生まれたときから持っており
生活の中で培われているのだと感じます。
胎内でこの子たちが聞いていたママの心臓の鼓動は、
まさにリズムですよね!
子どもたちが本来持っている素晴らしい力を、
もっともっと引き出すことが、
保育者である私たちの使命だと
日々この子たちに教えられています。

ブログを通して、エンジェルで行っている
「音とリズム」の活動をご紹介していきますので
どうぞお楽しみに!

 

 

 

Comments are closed.