つるつる ざらざら(触覚板)

感覚分野のおしごと
触覚板は、触覚を洗練するためのおしごとです。
ニドコミュニティー(歩けない子たち)やインファントコミニティー(歩けるようになった子たち)の触覚板は、触った感じが、つるつるしたもの、ざらざらしたものざらざらの度合いが何段階かになっているものなど手の平で触り、つるつる、ざらざらを感じながら「つるつる」ざらざら」と、その感触に言葉をつけていきます。

その上の3歳以上のクラスでは、触覚板の同じ感触の物どうしをペアにする操作が伴ってきます。

エンジェルでは、こんな感じで、触覚板のおしごとを楽しんでいます。

先日散歩に行くと、お家の角に置いてあった敷石を触りながら「つるつる・ざらざら」という感じで感触を楽しむ姿がありました。
感覚の敏感期の子たち、おしごとが実生活につながる瞬間を目の当りにして、モンテッソーリアンとしてはなんだかとてもうれしかったです。